山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

2位じゃダメですか?・・・その① 

ドコかで聞き覚えのあるフレーズ。。。。。


いつか、標高第2位のお山に登ったら使おうと思っていました。
そして、その時は自分が思っていたよりも早くやって来たワケで。。。



  農鳥~間ノ~北岳~

岳さんが、『 北岳に登りたい! 』 と言い始めたのは、何年前からだろう。。。。。。


そんな、岳さんの想いとともに、行ってきました~~♪♪



続きはココから・・・・・その前に、押してから!!


鳳凰からの






 ★   ☆   ★   ☆   ★

【 お山 】 北 岳 3193m

【 日時 】 2013年8月16~18日 (金~日)
 
(日程)  16日  自宅 ~ R19 ~ 中津川IC ~ 伊那IC ~ 仙流荘
            仙流荘 ~ 北沢峠 ~ 広河原 ~ 白根御池小屋
      17日  白根御池小屋 ~ 草すべり ~ 肩の小屋 ~ 北岳山頂
            山頂 ~ 八本歯のコル ~ 二俣分岐 ~ 白根御池小屋
      18日  御池小屋 ~ 広河原 ~ 北沢峠 ~ 仙流荘
            仙流荘 ~ 昼食 ~ 権兵衛トンネル ~ R19 ~ 自宅

 ★   ☆   ★   ☆   ★

お盆休み。。。と言うことで、夏山解禁!!と張り切っていたのですが、
お盆休みの移動で最大のネックは 渋滞!! なんですよね。
ただでさえ高速嫌いな岳さんが、芦安まで行くのは相当なワケで・・・・

芦安まで行かずとも、仙流荘から南アルプス林道で北沢峠に行き
バスを乗り継ぎ広河原まで・・・というナイスプランもあるのですが、


   バスも来たし・・

  
如何せん!?なかなか時間的に上手くバスの乗り継ぎがなくて、
広河原を朝一にスタートが出来ないその分、北岳を1泊2日では、
特に、私にはなかなか厳しい山登りとなることは間違いなくて。。。

そんなコトも、北岳へ挑戦するにはネックとなっていたわけなんです。

岳さんは、北岳に登ると言っても、、「 1泊2日 」 でと、
しかも、間ノ岳まで足を延ばし3,000m超の稜線歩きもしたい。。。と。


   北岳~間ノ♪


私は。。と言うと、「 2泊3日 」 でしか登れない・・・と思い、言い続けていて。
またいつものヘタレっぷりで、噛み合わず ><;

でも、お盆休み。
混み合うのは断然・北アルプス。コアなのは南アルプスだろう・・

そして、私のお盆休みが今年は後半だけと短いこともあり、
その短い休みをフル活用し、どうせならと、コチラに決めた次第であります。

初めてココからバスに乗り北沢峠へ行き、南アの女王さまを目指した2012年夏。
2度目は、またまたココから南アの貴公子を目指したその同じ年の秋。
そして、
またまたまたの3度目があろうとは思いもしなかった今年の夏!!!

ある意味、勝手知ったる的な考えでココまで来た訳なんですが・・・・・


  バス停にて・・


ココまでたどり着くまでに、何事もなかった・・・と言いたいトコなのに、


久々のアルプスというのもあり、前夜は遠足前夜の状態で、全然寝つけず、
起きなきゃ~いけない時間のほんの数分前までウダウダとした時間を過ごし、
順調に支度し出発したのち、中津川ICから中央道に乗った途端、
「 通行止め 」 の案内表示にビビリまして。。。

そうそう、前夜は諏訪湖の花火大会で凄い雨で途中で中止になっていたな・・・
と、後で思い出したけど、そのあおりを受けてか、雨で通行止めだった諏訪以北方面。

伊那ICで下りる我家には影響も無く、買い物を済ませ仙流荘へと、
ほぼ予定していた時刻に到着。。まぁ、8時発に乗ろうと、
逆算しての出発だったので予定通りと言えば予定通り。
団体さんの乗る臨時便の後の定刻8時便に一番乗りし、北沢峠着も定刻。


   「北沢峠」


で、続いて広河原へのバスに乗りたいトコなんですが・・・・・
バス停の列に並ぶと2番目(2家族目)。そして、同じバスで来た方々の何組かは、
そのまま、コチラのバス停に並ばれる方が多く、嬉しかった記憶。

先頭に並ばれていた親子(お父さんと小学生の男の子)とお話させていただくと、
バスの運転手さんがおっしゃっていた通り、
前日は、昼過ぎから物凄い雷雨で、おまけに雹も降ったらしく、
下山出来なかった方が多く、自分たちもその口で急いで下りて来て小屋泊まりし、
朝一のこのバスで帰るとのコト・・・

そんな方々が今日はたくさん居ますよ。。。と。


   広河原へ。。


バスも待っていたのですが、このチケットを買うのも待っていたのです。
実は、コチラは常時、係員さんがいらっしゃる訳ではないようで、
コチラに上って来るバスで一緒に来られるようで不在でした。

広河原からの第1便の先頭車両に乗って来られた方が一番に降り、
そのままチケットを販売されるシステムのようでした。

しかも、往復で購入も出来なくて、戻りの便は広河原で購入してください。。。
という、システムのようでした。


数台上がって来るバスが折り返し広河原に行く便になるので、
また列に並びバス待ちし、9時45分定刻に出発。

仙流荘から小一時間掛けて上って稼いで来た標高を、
このバスに乗ってグングン下って行くのには、ちとブルーな気持ちにも・・・

約25分、ほぼ下り続けて広河原に定刻到着。
( インフォメーションセンターの写真、撮ってない・・・^^; )

未踏の地・広河原に着き、心躍り、気は焦り、
いよいよ感に満たされながら逸る気持ちを抑えつつ支度。

北沢峠から御一緒だった親子さんに励まされ、そろそろ歩き出します。


いよいよですな・・・ 



いやいや、この記事を書きながら。。。
この写真を見つめながら。。。。
そんな、今でもトキメク自分が居たりするのが笑えたり。

この手前のゲートで係員のおじさまに、「 行って来ます! 」 というと、
「 気を付けていってらっしゃい!! 」  と背中を押された私と、
ザックのベルトが気になって仕方の無い岳さんの・・・絵。



いよいよですな!岳さん!!


関連記事
スポンサーサイト

2013/08/20 Tue. 20:13  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 山登り - Janre: 趣味・実用

tb: --  |  cm: --

top △