山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

ヤケはやけでも。。1 

   怒涛?の4連投レポ・・・第3弾は。。。『 焼 岳 』 です。

     そろそろ、行ってみよ~~ 頑張るぞ。おーっ。


   毎度まいどの、小会議。今回、お山はすぐに決まったモノの。
    そのルート取りについて・・・中央道経由 or 東海北陸道経由か。

     どちらから行っても、高速を下りてからのアクセス。
       中央道の場合。。松本ICから国道一本で上高地方面へ。
       東海~の場合。。飛騨清見ICから中部縦貫~高山IC。そして国道で平湯を目指す。


     後者の場合。冬、朴の木スキー場へのアクセスとほぼ一緒なので、
      あの延々と続く国道も、ややめんどっちぃ(面倒)。

     ネットで調べてみると・・・中央道経由の方が(距離も時間も)やや近い計算。
   となれば、無睡眠状態で夜中の1時出発。現地着後、仮眠することに。


    中央道→長野道で松本ICで下り。下りたらまずコンビニ。。ローソン
   そして、158号線を上高地方面へ。沢渡を通過し上高地へ向かうゲートの手前を左折、
   安房トンネル手前を右折してウネウネ上って行きます。

   このカーブには「○号カーブ」と。あります。

   早朝4時。10号カーブの駐車場に到着。まだ暗いです。
   でも、すでに満車近し・・・なんとか停める事ができました。あと少し遅かったら・・・


    とりあえず、寝ます。




    が、次々に到着される車。そして、
    既に停車していた方々が起きてヘッデン付けて black-GL ゴソゴソと。
    バタンバタンとドアの開閉。。。寝れたモンじゃない。ウトウトとした程度。

    結局、5時25分起床。支度します。


      おはよ~穂高く~ん

    到着時。ほんの1時間ちょい前はまだ暗かったけれど、
    そのお山のカタチは何となぁ~~く見えていたワケなんですが・・・

    駐車場は満車です。もう路肩に何台か列になって停まっています。


      登山口


    5時50分。そろそろ出発します。『 新中の湯 』ルートです。


      天気は・・・もつかな?


    岳さんもカコも、ほとんど寝ていない状態なので、ちぃ~と不機嫌モード。
    いつにも増して。。。無口です。


      まずは緩やかに


    まずは、緩やかに、ほとんど平坦に、道路の上になる道を行きます。
    ホンと緩やかな上りの道。
    下を通る車の音がちぃ~と煩い。

      まだまだ緩やかに
          

    まだまだ・・余裕の緩やかな道です。
    朝陽を浴びながら、両脇にお花が咲いていないか・・・なんてよゆうクシャクシャ?
    余裕綽々です。でも、


      段々と急になります


    そんな余裕も長くは続きません。
    段々と傾斜も出て来て、完全に樹林帯に入ります。


      滑る岩ゴロ&根っこ


    岩がゴロゴロとしていたり、根っこがむき出しになっていたり、
    木が倒れていて跨いだり、倒木の下を潜ったり・・・
    確か、ロープもあったような。。。


      何か湿気多いし。


    前日の雨のためか、とにかくドロドロのぐっちゃぐちゃ!!
     まさに、泥んこフォンデュ 状態。
    湿度は高めでムシムシします。水分補給は必須のようであります。


    トトロ が住んでいそうな森。。緑・みどり の樹林帯を蒸し暑さと格闘しながら、
    泥んこフォンデュ&滑る岩ゴロんに苦戦しながら、


    黙々と登りますが。。一度、一旦下る箇所があります。
    となれば、当然登り返すことになるワケですが。


    また、ひたすら登って行くと、徐々に木々が開けて来ます。

    すると、


      ワオ~~!

       ワッ w(°0°)w オォー   ・・と叫びながら。。。続く。

   
関連記事
スポンサーサイト

2009/12/16 Wed. 22:40  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: --

top △