山と空と緑と青と・・・

アラフォ~ペアでのんびりゆったり山に登っています♪

天空の城へ・・ 

   過去のお山リスト ・・・ 未upだったお山の紹介します。
   。。。と言うコトは、これは昨年のお話です。。。m(_ _)m


   2008年11月15日(土)、瑞牆山へ行って来ました。

   何故、このお山に登る事になったかと言うと。。。
   山梨県内のお山に。。とか、富士山が見えるお山に。。。とか、
   色々あったけれど、まぁ、百名山だし、面白そう・・・だから。


        だったかな?

   いつものように、早朝出発、
   中央道をかっ飛ばし、須玉ICを下り、ローソン で買出しし、
   瑞牆山荘を目指し、ウンウンうなりながら登る事小一時間。

    am 6:30頃 ・・・だったかな?到着。
   瑞牆山荘からほどなく行くと、しっかりと舗装された駐車場あり。
   広々とした駐車場。お手洗いは山荘横に。。半分とは言えないまでも、
   結構な台数がすでに停まっていました。

      まずは看板でも・・

   支度し、もちのろんでお手洗いも使用させていただいて、
    am 6:45 レッツら go

   この看板横が登山口、となっています。

   最初は、緩やかに上る落ち葉の積もった道を行きます。
   さすがに、11月も半ば、秋も深まり肌寒い朝の空気。。

   キーンとは冷えていないけど、何だかこんなちょい寒ってのがスキsn2

   初めは緩やか。でも次第に傾斜もキツ~くなり始め、
   
       熊、出るって・・

   未舗装の林道を一度横切ります。
   ここ、クマ が出るようです。。

   林道を横切るとすぐ、変則っぽく造られた階段を黙々と上る。

   相変わらず、傾斜はあり、落ち葉に足をすくわれながらも、
   帰りの下りを気にしつつ。。。


   しばらく上ると、また、今度は軽舗装された林道を横目に、
   平坦、やや緩やかに上る道に。

      富士見平小屋

    am 7:25  富士見平 。。富士見平小屋前に着きました。
       ・・この先行者3名様とは、ずっとペースが近いようで。付かず離れず。。まずまずの距離間
   何となく、この富士見平小屋。。
   佇まいと言い、誰も居ない雰囲気と言い、なんか心なしか寂しい感じ。

   あとで知るコトとなる、「衝撃の事件」 があった事を予感していたかのように・・

   数分、だけ休憩し、トコトコ進みます。

   小屋を横目に、通過するとすぐ、下りになり、

      木々の隙間から。。

   左手には崖っぽい傾斜が見えてきます。

   折角登って来たのに、下りってのは、何か腑に落ちない・・
   「 何だかね~~ 」 と呟きながら。

      振り返るとこんな感じで


   先行の3名はちょっと広い場所で休憩されていたので、ココで抜く事に。

   この辺りから、完璧な下り。。ただひたすらの下り。

      下りま~~す

   右に左にクネクネクネクネ、小さく曲がっては、根っこや石段を下る。
   「 折角登ったのに、下らすなんて・・・ 」
   前を行く、岳さんが下に行けば行くほど、下ってる。
   ゲキ下りだ!・・・要するに、帰りはココが急登!になるわけさ。

      天鳥川。。

   下りきると、ココは鞍部かな?
    am 7:48 天鳥川 とは言っても、
   川のせせらぎは聞こえてくるが、流れる水は見えなかった・・・
   
   ベンチのある広場がありほんの少し先へ進むと、
     どっでぇ~~~ん!! と、

      桃太郎岩って言うの?

     ももたろさん 桃太郎岩 」 と言われるようです。

   沢山の枝に支えられています ・・・・じゃ、私も1本。。。(笑)

   岳さんと比べてみると、いかに大きいかがわかりますよね。


   ももたろさんの脇にある階段を上り、また、
   今度は、鞍部まで下った分を取り返すかのような登りが待ち構えてます。

   階段を上がってすぐ、倒木をくぐり、


      ももたろさんの背中

   ももたろさんの裏側。。。↑ こんな感じ。

   見上げると、倒木やら岩やら何やら見えます。。汗
   岩には苔ってるトコもあり、ロープが掛かっていました。

      長い階段も

   急な階段も出てきます。
   倒木を、またぎ~~の。。くぐり~~の。。。。。って倒木多過ぎ!

   大岩、小岩、と次々にくる段差を延々と、黙々と登り、
   さっきのゲキ下り分を取り返します。。

      木々の間を

   だいぶ登ってきてはいるものの、なかなか、どうして。
   前を行く、岳さんを見上げると、まだ続く登りにちょっと嫌気。

   そんな時は、後ろを振り返り。

     日本一を背負い

   富士山が見つめていました。。。(笑)

   富士山って見えると何だか元気が沸いて来る。
   まだ、私は富士山には登った事は無いけれど。見れば元気が!


      でかっ!
   
   富士山に元気をもらって登ると、こんなでっかい岩が出現!

    am 8:45 巨岩の下に到着です。
   この岩が「 大ヤスリ岩 」 って言うのかな?わかんない。
   ただ、明らかなのは、とにかくでっかい岩!ってこと。

   この辺りまで来ると、空が近くなってきた気がしました。
   結構、登って来た。登山道の幅が狭くなって短く九十九折。

   大岩、巨岩に挟まれている気がする。。イヤ、そうなってる。

      やっぱ、でかっ!
       
   「 だって、さっきの大岩が下に見えるよ~ 」

   今回もだけど、後方から抜かれる方がいない。抜く事はあっても抜かれなかった。
   それは、自分が歩く事が速い、とかそんな事を言いたいワケじゃなく。

   どうやら、朝、早発ち、早帰りがウチラのお山のようでした。


   最後にグンとひと登りすると狭い分岐にさしかかり、

     分岐に出たで~

   「 あと頂上まで10分 」 、に元気をもらい。
   大岩をひょいひょいと軽快に行くと・・・アレレレ。

   
      またもロープ

   ロープ無しでも、登れると言えば登れます。。。熟練者なら。
   カコはへっぴり、ヘタレなので、もちろん使用。

   小さなハシゴも出て来ます。

      ココを抜けたら・・

   このトンネルを抜けると。。。トトロのメイちゃんみたい・・・

    am 9:15 山頂到着

   何故か誰も居なくて、寂しい山頂。

      瑞牆山

         『 瑞 牆 山  2230m 』

   ぐる~~りと一周、だれも居ない展望を 動画 動画撮影したのに・・・無い!?

     八ヶ岳も 雲がかかって来たけど、ヤツらもバッチリ・・

      富士山も。。 富士山も まだ大丈夫。見えてます。

        さっきの巨岩は、巨岩も 見下ろすとこんな感じ。


    そうこうしていたら、
    スタートで先行されていた3名や、他の登山者が次々に到着されました。

    頂上は風の通り道。。
    ち~~ぃと肌寒いので、岩の影になる場所に陣取り、   

    ランチ?タイム。。いやいや、ちょっと遅い朝ごはん?にします。

    
    とは言っても、ジッ~としているのって寒いので、
    食べてはお茶を飲んでウロウロ、あっち見てキョロキョロ、挙動不審?

    大きな巨岩で造り上げられた?山頂のようなので、
    要するに、まわりは絶壁になっています。そんなんを覗き込んだり・・

    到着される方々の証明写真を撮影したり。。。で、忙しく。
    そして、同じ景色を何度も撮ったり。。。


       山頂標識☆☆二つ

    またまた小一時間、ヤマ時間を過ごしました。

     am10:05 そろそろ、帰ることにします。

    すると、沢山の方が登ってこられます。。嬉しい瞬間です。


    分岐まではすぐに下りられたのですが、
    巨岩があった辺りまでの下りは、団体サンを含め、沢山の
    ヤマ登ら~~さんに会い、すれ違いも結構大変。でも楽しかった。


      ココをくぐります。

    矢印は  とココをクグレ!と言うけれど、

    「 こんなトコくぐれるかっちゅ~~ねん!?」 と、心の中で
    文句を言いながらも、ザックのせいにして。。。何とかくぐれた。


    ももたろさんから、延々登って来た分を、今度は延々下り、
    ももたろさんまで、下りて来た。

    そして、今度は富士見平小屋まで、ゲキ下りして来た分の登り返し。

    でも、ココは距離が短かったから、あまり気にはならなかった。
    それよか、酷かったのが、最後の最後、林道に出るまでの下り。

    落ち葉で登山道を見失って。。。落ち葉スキーみたくズズズズ~~と。。


    下りの苦手なカコは足が痛くなったけど、問題無く下りてこれた。

    途中、富士見平小屋を過ぎ、瑞牆山が見渡せる場所。
    ココにベンチがあり、のんびりと休憩。珍しく、帰りに休憩したのが良かったのかな。


     pm12:20  登山口着。
    駐車場に戻って、沢山の登山者に出会ったことに頷けた。
    満車だった。。しかも、マイクロバスも。


    帰りに、山バッジを買おうと瑞牆山荘に寄るも。。
    ママさんに、「バッジは売り切れで今年はもう入荷しません!」と。。ガーン
    仕方なく、キーホルダー・・(でも、一応upしましょうか?)を購入し。

    岳さんには、
    「 いつか、金峰山へ行くとき、コチラから登って購入したらどう?」 と。


      ちょ~~っぷ!!アップロードファイル
      桃太郎全景

関連記事
スポンサーサイト

2009/11/27 Fri. 23:27  edit

Category:  ☆ 山歩記

Thread: 登山 - Janre: スポーツ

tb: --  |  cm: 6

top △

コメント

こんにちは☆
もも太郎岩!!おっきい@0@!
岳さんの姿がないと、大きさがわかりませんでした~☆
山バッチ売り切れなんて残念でしたね。。そう!また登ればいいんですよ☆☆☆トトロもめいちゃんの写真とてもいい感じですね^^!

まよまよ #- | URL | 2009/11/28 16:41 | edit

瑞牆バッジ

kacoさんこんにちは。

私もその一週間後に瑞牆登ってますが、下山後にバッジを求めたら売り切れ。
kacoさんときも売り切れでしたか・・。

瑞牆バッジは翌年(今年)6月、金峰の小屋にあったので、金峰のバッジとあわせて買いました。

長次郎 #S90rSSAo | URL | 2009/11/29 14:52 | edit

>まよまよさん。

こんばんは~☆いつも返コメが遅くなりすみません m(_ _)m
この瑞牆山は大きな岩がゴロンゴロンとしていてびっくりしました。
この桃太郎岩も大きくて見上げて見るばかりで・・・
山バッジが売り切れなんて、思いもよらない事態に、ちょっと凹みました^^:
元々無いならまだしも、売り切れで無いなんて。。。e-260

kaco #- | URL | 2009/11/30 19:53 | edit

>長次郎さん。

こんばんは☆

そう言えば、長次郎さんとはニアミスが多かったんでしたね^^
瑞牆山荘のママさん?は、「10月後半から品切れ状態ですよ。。」と確か仰っていました。
長次郎さんは今年購入されて、リベンジされたのですね…^^:
私は、来年以降になりそうです。

kaco #- | URL | 2009/11/30 19:57 | edit

テンプレ

さすがにもう驚かないぞ・・っと(笑)
これ見易くていいですね!

長次郎 #S90rSSAo | URL | 2009/12/01 19:40 | edit

>長次郎さん。

こんばんは、長次郎さん。

またまた、テンプレ変えちゃいました・・・^^:
コレ、見やすいでしょうか?
また、慣れた頃、
・・・・・クリスマスが終わったら変えますね。。って先に報告(笑)

kaco #- | URL | 2009/12/01 20:12 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △